凡人の凡人による凡人のための英語

ごくごく普通な凡人でも英語がペラペラになれるよう戦うブログ。その活動記録や勉強法を紹介します。

洋書を読まない凡人たちへ

Hello!ウミタロウだよ。

 

洋書を読んで思ったことは

案外読める」

 

 「星の王子さま」を読んだ。

星の王子さま」は最も好きな本の一つ。

だから日本語版も持っているし、内容も把握している。

 

なぜ、お気に入りなのかは割愛する。伝えたいことは別にある。

 

「洋書を読み終えてどうだった?」

 

今まで多くの英文を読んできた。

 

中学校から始まる英語教育。

高校の授業で扱った英字新聞。

大学受験英語

Toeic のビジネスメール。

海外の研究論文。

 

けれど、洋書を一冊丸ごと読んだことなんて一度もなかった。

 

購入したことはあった。

そのまま本棚で眠り、いまだに開かれていない。

 

だから初めて洋書を読んだことになる。

たとえ子供向きであっても、まるまる1冊読み終え、読み切った。

 

思うことは「案外読める」ということ。

 

「意外といけるじゃん~」

一人自慢げに読み進める。

 

もちろん、つまずくことはある。

 「この単語の意味は分からんな」

「この文章何言ってるの」

 

けれど、「案外読める」これが大事。

 

昔、友人が「ハリーポッター」の原著を読んでいた。

「日本語版は変に意訳してるとこ、けっこうあるんだよね~」という言葉に、

やっぱ有名大学生は違うな~と感心。

 

洋書を読む人はそんな人だった。

頭のいい人。できる人。

 

洋書は高い高いハードル。

とうてい飛び越えられそうにない。

 

けれど、「案外読める」ものだった。

 

思ったよりハードルが低かったのか。

思ったより跳躍力があったのか。

 

おそらく前者であろう。

ひょいと飛び越えられた。

 

拍子抜け。

これまで手を出さなかったことを後悔した。

 

洋書をもってコーヒー片手にカフェテリア。

ずらりと並んだ洋書の本棚。

「おすすめだよ」と貸し出す自分。

 

できる男だ。

格好いいことこの上ない。

 

その全部を捨ててきた。もったいないな。

 

これらは冗談。

そんなことは、どうでもいい。

大切なのは「案外読める」ということ。

 

思った以上に易しい。

恐れることはない。

 

案外読める」ということは成功体験だ。

できないと思っていたことができたということ。

 

モチベーションを高めるうえで一番大切なこと。

続けるうえで一番大切なこと。

 

英語に限らず、あらゆることは続けることが大切なんだと最近思う。

 

続けたもん勝ち。

続けたもん勝ち。

 

ここで一つの問題点。

「案外読める」というのは読んでみないとわからない。

やってみないとわからない。

 

「さぁ、やるんだ」「やってみなよ」と言われてやる人なんていない。

「よし、いっちょやってみるか」なんて人は少数だ。

 

僕は8年かかった。

興味がわいたら、洋書を買って、ページをめくる。そして読み終える。


たったこれだけに8年かかった。

ダメ人間な僕。特種なケースかもしれない。


けれど、これが現実だと思う。

 

トライを促す効果的な方法は今のとこ思いつかない。

 

できることは

ブログを通してリアルな実例を見せてあげることくらい。

 

始めたばかり。

初心者同士。

一緒に世界を広げよう。

 


「案外読める」今すぐ洋書を読もう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた洋書、購入しました。

f:id:umiumitaro:20170728151239j:plain

Hello! ウミタロウだよ。

 

今日、注文してた新しい洋書が届いた。

 

Oscar Wilde「The Happy Prince and Other Stories」

幸福な王子」などオスカー・ワイルドの名作全6篇を収録したもの。

 

前回同様、ラダーシリーズだ。

 

幸福な王子はよく知られてる話。

ある町に「幸福な王子」と呼ばれる像があった。

つばめが像の足下に降り立つと、その体に大粒の涙がはらはらとこぼれ落ちる。

 

 子供のころに読んだことあるかと。

だから簡単な英語で書かれてる、易しい文章のはず。

 

今回の「幸福な王子」も「星の王子さま」と同じようにLevel2(英検3級レベル)。

たったか多読していきたい。

 

 

 

 

 

 

現在の語彙力

f:id:umiumitaro:20170726190329j:plain

Hello! ウミタロウだよ。

 

今日は先日購入してた「星の王子さま(英語訳)」を読み終わった。

 

内容は日本語訳の本を昔読んだことがあったのでわからない単語や表現があっても、「なんとなくこんな感じかなー」と読み進めて、案外早くに読み終わる。

 

f:id:umiumitaro:20170726190428j:plain

読んでる途中意味の分からない単語に出くわしたら、蛍光ペンでマーカーしておいて後で調べるとか、どうしても物語上理解しておきたい場合はその都度意味を確認。

 

f:id:umiumitaro:20170726190410j:plain

ちなみに本書に掲載されてる単語はすべて巻末にまとめられてて意味が分かるようになってるからスゴく便利。

 

f:id:umiumitaro:20170726190505j:plain

僕の語彙力がどんなものか知ってもらうためにも分からなかった単語をノートにまとめてみたら全部で82語!!

 

以下の単語が意味が分からなかったもの。

 

忘れていた単語

in honor of   grown-up   fix  

excuse        asked if      soil

afraid          instead       left  

flew            later            lazy  

light up       presence    tie up

present      luckliy         not---at all

go on         by chance   boring  

cought       helpless      land   

above all   obey            rule  

ahem        majesty       drunkard  

silly           bug             scarf

take up     wrap            be my friend

wheat       raise            inconvenient

wheat       resemble     whew  

mass        blush           definitely

bark         strap            exceptation

ram          yawn           see---up close  

for a moment   come across

 

知らない意味を持っていた単語

cross(不機嫌)

hold---against...(---のことで...を悪く言う)

shoot(芽)

pose(引き起こす)

mean(卑怯 意地悪)

vain(うぬぼれの強い)

tip(あいさつのために帽子を軽く持ち上げる)

well(井戸)

 

初めて見た単語

energize(元気づける)

asteroid(小惑星

thorn(とげ)

petal(花びら)

claw(かぎ爪)

beneath(---の下に 劣って)

caterphillar(芋虫)

throne(王座)

admirer(崇拝者 賞賛者 ファン)

lit(lightの過去形)

ephemeral(はかない 短命な)

riddle(謎)

tame(飼いならされた)

ritual(儀式 慣習 行事)

signalman(信号手)

moonnlit(月明かりに照らされた)

pulley(滑車)

groaning(うめく ぶうぶう言う)

weatherrane(風向計)

muzzle(鼻面)

 

こうやって見ると忘れてた単語が多くて悔しい。やっぱり英語から離れると語彙力落ちるな。

 

あと、shoot(芽)、mean(意地悪)、well(井戸)なんかはこんな意味まであることにおどろいた

 

英語も奥が深いね。

 

こんな感じで現段階での僕の語彙力があらわになったけど、これって凡人レベルなんだろうか。凡人以下じゃない?

 

先が思いやられるね。

  

 

 

 

 

I feel blue

Hello! ウミタロウだよ。

 

英語勉強初めてまだ3日ほど。

はやくも憂鬱モードに突入。

こんなことして英語が上達するのかとモヤモヤ。

 

今日は英会話フレーズ集3240part1を読んだんだけど、まだpart1かって思う。

全部でパート5まであるんだけど、まだ5分の1。

 

しかも、だだ文章見て「こんな表現するんだー」って声に出しながら考えてるだけで暗記しようとかしてないから、きっと明日には覚えてないだろう。

かといって全部書いたりして記憶するのは無理がある。

 

これ意味あるのって思う。

 

英語を勉強するにあたってありがちなことだとは思うけど、先が漠然としすぎていて自分がいまどのくらい進歩しているのかわからない。

こんなこと書いてるうちに思ったけど、この漠然としたモヤモヤを何とかしないとモチベーション維持ができないね。やっぱり計画立てて、課題をクリアしていく勉強法にしたほうがいいのかな。達成感って大事かも。

 

ちなみにI feel blue憂鬱だって表現。本に載ってる。

 

でもI’m blueの方が言いやすくない? 

 

英語で本を読む

f:id:umiumitaro:20170719113235j:plain

 

Hello! ウミタロウだよ。

 

昨日、また本が届いた。

サン=テグジュペリの「the litte prince星の王子さま)」

Amazonで1000円しないくらい。

 

ちなみに日本語文ではなく英語文。

 

英語を勉強する上でできるだけ多くの英語に触れることって大事。本や新聞、ニュースや音楽とかね。聞くのはまだまだ得意じゃないから本を読もうと洋書に手を出してみた。新聞は難しくて無理。

 

洋書でも児童書のように読みやすい本、あと日本語で読んだことがあって内容をざっくり把握してる本の方が読み続けられるだろうと思って「星の王子さま」を選んだ。

 

英語版の「星の王子さま」は様々な出版社が発刊してるけど、この「星の王子さま」はIBCパブリッシングが発行しているラダーシリーズの一冊。

 

ラダーシリーズとは?

ラダーシリーズは、使用する単語を限定して段階別やさしく書き改めた、多読・速読に最適な英文リーダーです。本文中の知りたい単語が 全て乗ったワードリストが巻末に付属、辞書なしでどこでも読書が楽しめます。

と記載されてる。ITEPレベルに基づいて段階分けされてるんだって。 

 

ITEPとは?

世界各国の企業、政府機関、アメリカの大学300校以上が、英語能力判定テストとして採用。オンラインによる90分のテストで文法、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングの5技能をスコア化。ITEPは、留学、就職、海外赴任などに必要な、世界に通用する英語力を総合的に評価する画期的なテストです。 

 というものらしい。知らなかった。英語といったらTOEICTOEFLしか知らない。

 

レベルは1~5まであるよ。

レベル 使用語数 TOEIC       英検      ITEP

    1   1000語    300~400点  4級       0.0~1.0

    2   1300語    300~400点  3級      1.0~2.0

    3   1600語    300~400点  準2級   2.0~3.0

    4   2000語    300~400点  2級      3.0~4.0

    5   制限なし 300~400点  準1級      4.0~

 

星の王子さま」はレベル2に該当。英検3級レベルだね。なので比較的やさしい。asteroid(小惑星)のように聞きなれない単語がたまに登場するけど、基本的には高校生でも読める文章になっているかな。

 

f:id:umiumitaro:20170719113308j:plain

 

僕の場合は日本語の本を読むように一度サーっと目を通して、わからない単語、自信のない単語にマーカーしてる。いちいち単語の意味を調べることはしない。それだと先に進まないから、読む気がうせてしまう。なので、少しくらい意味がわからなくても何となくで流し読み。何章か読み終わったら意味を確認しようかな。

 

昨日の夜からよんでるのでまだChapter7。ちょうど小さなバラが登場するあたり。読んだことある人は分かると思う。

 

面白いからすぐ読み終わりそう。

 

こうやってどんどん日常生活の中に英語を増やしていこうと計画中・・・

 

 

 

 

英会話フレーズ

Hello! ウミタロウだよ。

 

Amazonで注文しておいた参考書が届いた。注文してから一日。一日で荷物が手元に届た。なんて便利な世の中何だろう。

 

f:id:umiumitaro:20170717192034j:plain

 

購入したのは「ネイティブ英会話フレーズ集3240」というもの。ネットで検索したところ人気だったので。Amazonの英語英会話部門ランキング 第2位だそうで。

 

f:id:umiumitaro:20170717192013j:plain

 

手にとった感想は思ったより分厚い本です。3240ものフレーズが収められているから当然なんだけど。CDが4枚ついてます。

 

 

さて、これからこれを使って勉強していくんだけど、どんな風に使っていこうか。とりあえず英語を聞いて、発音をつかみたいかなと。

はじまりにあたって

Hello! ウミタロウだよ。

 

2017年7月17日本日よりブログ始めたいと思います!

 

このブログでは僕が英語を勉強していく中で、どんな風に英語を習得していくのか、その過程を見せていけたらと思う。

僕はよく英語習得に関する記事を読みます。TOEICで○○点とった方法だとか、留学したらこんだけ英語を話せるようなったとか、そういう軽い記事です。

そういう記事を読むと、おすすめの参考書やその使い方だとか知れるようになって、自分も勉強したら英語ペラペラになるのかなってやる気が湧いてくるんですけど、リアリティがないんですよね。

あんまりプロセスが書かれてないから。

僕みたいな凡人じゃなくて、所詮デキる人間だけが英語上達していく方法なんじゃないかと思ってしまう。現実感がないんです。

TOEICなんかのスコアがこんな風に上昇しました!」ていう結果の推移は何となくわかるようになるんだけど、英語を習得していく上で、どういうところで躓いて、どういうところで挫折しそうになって、それらをどういう方法で乗り越えたのか。そこでどんな風に感じていたのかよく見えてこないんですよ。

そんなリアルな心の動きが読み取れるようになると、より深く感情移入できるようになって「ああ、自分もきっと英語習得できるようになれるぞ!」ってよりリアルに思えるようになるはず。

だから、僕はこのブログをリアリティショーにしたいと思う。海太郎という人間が英語と戦う日常をリアルに映し出していきたい